CCi Tokyo

CCI東京について

見学情報館


■建設ステーション
 関係の皆様はこちら

■見学を希望される
 皆様はこちら

■見学会を開催しました

技能者の顕彰

問い合わせ先一覧

関連サイト

アクセスランキング

構成団体からのお知らせ

CCI東京のあゆみ

ご意見ご感想

見学情報間

見学会を開催しました


建     設
ステーション名
(工 事 件 名)
東京都勝島ポンプ所流入管渠工事その3及び二次覆工工事
会 社 名 前田・鴻池・大日本特定建設共同企業体
見 学 場 所 東京都品川区勝島3丁目1番地内
見学会
実施日時
平成25年9月18日(水) 16時00分〜18時00分
見学会参加者
見学会参加者数
芝浦工業大学工学部土木工業化 伊与田教授、二年生、OB
28名
記念品個数 28個
構成団体名 所属:日本下水道事業団 関東・北陸総合事務所 施工管理課
氏名:菅井 雅之 連絡先: 03-3818-1213
ステーション
担 当 者 名
現場代理人 北村 昌文
連絡先
電話番号
03-5753-8166
見学会概要(工事概要・見学内容・見学行程など):

 学校の課外授業(土木ゼミナール)において社会資本整備の意義や役割について学習している。その一貫とし て、本施設の見学を希望された。説明した内容は

 @下水道事業の背景と役割について
    →下水道事業の大切さと、今回事業の意義について
 A シールド工法について(シールド技術工法協会作成のビデオにて)
    →まず、シールド技術を理解していただくために。
 B 東京都勝島ポンプ所流入管渠工事の概要
    以上、16:00〜17:00
 その後、シールド坑内を見学し、シールド模型にて工法を学習された。
       17:00〜17:30
 最後に、企業体インターンシップ生の話しと質問(17:30〜18:00)
  ・測量方法と精度
  ・技術者としての心構え
  ・若手土木技術者の実務 等
参加者の感想:
  • 下水道事業の大切さが理解できた。
  • トンネルの規模の大きさに感動されていかれた。
  • シールド工法について理解されたとともに、日本の技術の高さに感激していかれた。
  • 当企業体インターンシップ生の時間では、貴重な体験をし是非皆さん機会があれば参加した
事業の概要、施工方法説明
(1) プレゼンルームにて説明状況
比丘尼橋下流調節池の説明
(2) 立坑上にて
現場での見学状況(発進立坑地上部から)
(3) OBより会社における業務を話す
現場での見学状況(シールドトンネル内部で)
(4) インターンシップより貴重な体験の意義について話す
 



掲載日:2013/10/7

      コーナーTOPにもどる