CCi Tokyo

CCI東京について

見学情報館


■建設ステーション
 関係の皆様はこちら

■見学を希望される
 皆様はこちら

■見学会を開催しました

技能者の顕彰

問い合わせ先一覧

関連サイト

アクセスランキング

構成団体からのお知らせ

CCI東京のあゆみ

ご意見ご感想

見学情報間

見学会を開催しました


建     設
ステーション名
(工 事 件 名)
東京都勝島ポンプ所流入管渠工事その3及び二次覆工工事
会 社 名 前田・鴻池・大日本特定建設共同企業体
見 学 場 所 東京都品川区勝島3丁目1番地内
見学会
実施日時
平成24年11月17日(土) 14時00分〜16時00分
見学会参加者
見学会参加者数
土木学会関東支部主催「土木の日親子見学会」
大人16人、子供14人(10家族)
記念品個数 30個
構成団体名 所属:日本下水道事業団 関東・北陸総合事務所施工管理課
氏名:菅井 雅之 連絡先:03-3818-1213
ステーション
担 当 者 名
現場代理人 北村 昌文
連絡先
電話番号
03-5753-8166
見学会概要(工事概要・見学内容・見学行程など):

 11月18日の「土木の日」にちなんで企画した記念行事であり、将来を担う子供たちに土木技術のすばらしさを 紹介することを目的としている。当日は、本工事現場の他に、環状2号地下トンネル(新橋第二工区)と東京みなと館を見学された。なお、本見学会は土木学会関東支部のホームページにおいて広く公募した。説明した内容は
@下水道事業の背景と役割について
 →下水道事業の大切さと、今回事業の意義について事業団主任監督員にて説明した。
A 流入管渠工事概要、模型を使用してシールド工法の説明(シールド技術工法協会作成のビデオはバスの車内)
 →本工事の特長である「大断面かつ急曲線」の中心に工事概要と、その後最新のシールド技術をJV現場代理人より説明した。
B シールド坑内の見学
 →二班に分かれて、トンネル坑内を約200m徒歩にて見学した。

参加者の感想:
  • 下水道事業の大切さが理解できた。
  • トンネルの規模の大きさに感動されていかれた。シールド工法について理解されたとともに、日本の土木技術の高さに感激し、土木のすばらしさを実感されていかれた。
  • 当日、JVは女性土木職員1名も対応した。男性中心の土木業界において女性が生き生きと働いている姿をみていだだいたことでも、土木のイメージアップに繋がったと思う。
事業の概要、施工方法説明
(1) プレゼンルームにて事業団主任監督員より事業説明
比丘尼橋下流調節池の説明
(2) 同、JV現場代理人より工事概要説明
現場での見学状況(発進立坑地上部から)
(3) 立杭上にて
現場での見学状況(シールドトンネル内部で)
(4) トンネル杭内にて
事業の概要、施工方法説明
(5) JV女性土木職員による模型を使ってのシールド工法説明
 



掲載日:2013/1/15

コーナーTOPにもどる